初めてCinema 4D Liteを使った

こんにちは、よっくんです。

今回はAdobe製品の After Effects についてくる3DCGツールの Cinema 4D Lite について書いていきます。

3Dのロゴを作るだけだとすぐに出来るようです。

どんなものを作るかによって時間や難易度が全然違ってくるようです。

Cinema 4D Lite の初見の段階ではキャラクターアニメーションをやりたいと思いましたが、本や動画で勉強していくうちに作ってみたいものが変わってくると思います。

Cinema 4D の主要な機能としてMoGraphという機能とXPressoという機能があるようです。

続きを読む 初めてCinema 4D Liteを使った

Blender2.78をインストールしてみる

こんにちは、よっくんです。

今回はBlenderというCGソフトについて書いていきます。

ゲーム制作にキャラクターが必要なのですが、ブラウザでやる3Dゲームにはthree.jsというものを使って作ります。

現在開発中のcontinue-jump2three.jsを使って作っています。

そしてthree.jsを使って3Dキャラクターを動かそうと思ったら、Blenderというソフトを使ってキャラクターを作るのが良いということが分かりました。

ということでBlenderMacにダウンロードして使ってみることにしました。

続きを読む Blender2.78をインストールしてみる

Metasequoia4でオブジェクトにボーンを入れる

こんにちは、よっくんです。

今回はCGソフトのMetasequoia4を使って人型のオブジェクトに関節(ボーン)を入れてみます。

これが今回、関節(ボーン)を入れる人型(ロボ型)のオブジェクトです。この人型(ロボ型)のオブジェクトは前もって作っておきました。

今の状態だと見る角度を変えるぐらいしか出来ませんが、ボーンを入れると体を動かすことができます。

続きを読む Metasequoia4でオブジェクトにボーンを入れる

CGソフトのMetasequoia4について

こんにちは、よっくんです。

今回はCGモデリングツールのMetasequoia4について書いていきます。

Metasequoia4で最初にやること

まずMetasequoia4を立ち上げてからすることは「基本図形」を選んでオブジェクトを生成するところから始めます。

 

基本図形には9種類ありますが、よく使うのは立方体か球だと思います。

続きを読む CGソフトのMetasequoia4について

CGツールのMetasequoia4のライセンス購入

こんにちは、よっくんです。

今日は今週の目標を設定します。

今週の目標はMetasequoia4を使うということにします。

Metasequoia4はCGツールで、ポリゴンなどを組み合わせて人のCGや建築物のCGなどを作ることができます。

Metasequoia4は無料で使うことができる機能と有料の機能があります。

基本的に無料でダウンロードが出来、簡単なCGなら無料で使える機能で作ることができます。

続きを読む CGツールのMetasequoia4のライセンス購入