2017年のF1の見所の2チームを紹介するよ

今年のF1について、見所の2チームを紹介します。

その2チームは、メルセデスとフェラーリです。

メルセデスチーム

まず注目するのが去年チャンピオンになったメルセデスのチームです。

2016年のワールドチャンピオンになったニコ・ロズベルグはチャンピオンになったとともにF1を引退する事を決断しました。

ニコ・ロズベルグはドイツ人で1985年生まれです。

ドイツ人としては3人目のワールドチャンピオンです。

1人目のドイツ人ワールドチャンピオンはミハエル・シューマッハで、

2人目のドイツ人ワールドチャンピオンはセバスチャン・ベッテルです。

ニコ・ロズベルグが引退したので、2017年のメルセデスのチームはルイス・ハミルトンと、バルテリ・ボッタスです。

ルイス・ハミルトン

ルイス・ハミルトンはイギリス人で1985年生まれです。

3度のワールドチャンピオン経験者で2008年、2014年、2015年のワールドチャンピオンです。

全てメルセデス系のチームでチャンピオンになっています。

バルテリ・ボッタス

バルテリ・ボッタスはフィンランド人で1989年生まれです。

2011年からウィリアムズ系のチームに所属し、2017年からメルセデスのチームに所属することになりました。

2016年で引退したニコ・ロズベルグの後釜としてルイス・ハミルトンのチームメイトになりました。

フェラーリチーム

次に注目なのがフェラーリのチームです。

セバスチャン・ベッテル

フェラーリにはセバスチャン・ベッテルが居ます。

セバスチャン・ベッテルはドイツ人で1987年生まれです。

レッドブルのチームに所属していた頃に2010年から4年連続チャンピオンになりました。

2015年からフェラーリに所属していますがフェラーリではチャンピオンは獲得していません。

2017年はまだ途中ですが5月の時点でポイントランキング1位になっているのでこのまま上手く行けばチャンピオン獲得も見えてくると思います。

キミ・ライコネン

そしてフェラーリのメンバーにはキミ・ライコネンという2007年にフェラーリでチャンピオンになったドライバーが居ます。

キミ・ライコネンはフィンランド人で1979年生まれです。

まとめ

他にもチームはありますが、とりあえずこのメルセデスチームのルイス・ハミルトンと、フェラーリチームのセバスチャン・ベッテルの2人のチャンピオン争いになりそうです。

そして、F1を見るには完全有料になったので、スカパーで見るか、DAZNで見るか、の2択になりました。

以上でした、ご読了ありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

1981年5月30日生まれ、愛媛県松山市在住のブロガーよっくん。東京に4年間住んでいました。iMacとMacBookProとiPad miniとiPhoneを使っています。ゲーム制作とブログ執筆をしています。  自己紹介