アイスコーヒーを淹れる

こんにちは、よっくんです。

今回はアイスコーヒーを淹れることについて書いていきます。

動画も撮ったのでこちらもご覧ください。

久しぶりに動画をアップしたのですが、今回からBGMを入れています。小さい音ですが以前の動画よりも雰囲気が良くなった気がします。

カメラはiMacのカメラで撮っているのですが、iPhoneとかで好きな場所にカメラを置きたいので今度三脚を買いたいですね。

準備するもの

・クラッシュアイス(氷)

コンビニなどで100円ぐらいで売っているクラッシュアイスを買っておきます。

量は買った氷の半分ぐらいで大丈夫だと思います。

・コーヒーの粉

アイスコーヒーで使用するコーヒーの粉は普段のホットコーヒーの2倍ぐらいの量にしておきます。

後で氷の中にコーヒーを入れたときに氷が溶けて薄まるのでコーヒーの粉を多くして濃いコーヒーを淹れます。

・水

水には特にこだわっていなくて、スーパーで買った2ℓペットボトルの水を使っています。

サイフォンに水を入れるときはホットコーヒーを入れるときの半分ぐらいの量にします。

これも氷が溶けてコーヒーが薄まるのを計算して水の量を少なめにしておきます。

・サイフォン

サイフォンでコーヒーを沸かします。

ホットコーヒーと同じように上の容器に粉を入れて、下のフラスコ容器に水を入れて、アルコールランプに火をつけて沸かします。

・熱いコーヒーを入れる用のコップ

砂糖やミルクを混ぜるためのコップが必要です。このコップに熱いコーヒーを入れて砂糖を溶かします。砂糖を入れる人はホットコーヒーの時より多めに入れた方が良いかもしれません。

・氷を入れて最終のアイスコーヒーが入るコップ

グラスに氷を入れてその中に砂糖やミルクを混ぜたコーヒーを注ぎます。

この時に注意しておかないといけないのはグラスに氷を入れすぎてグラスが冷えすぎないようにすることです。

薄いグラスの場合、急な温度変化でグラスが割れる場合があります。

まとめ

以上のことに気をつけながらアイスコーヒーを作ると家で美味しいアイスコーヒーが楽しめます!

バニラアイスなどを入れればコーヒーフロートが出来たりするのでミルクがわりにバニラアイスを入れてみるのはどうでしょうか?

Bonus

珈琲屋さんによっては、水出しコーヒーというコーヒーを沸かさないで低温で長い時間をかけて淹れるコーヒーがあったりしますので、家だけじゃなくコーヒー専門店を色々と探してみるのも良いかもしれませんね。

以上でした、ご読了ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1981年5月30日生まれ、愛媛県松山市在住のブロガーよっくん。東京に4年間住んでいました。iMacとMacBookProとiPad miniとiPhoneを使っています。ゲーム制作とブログ執筆をしています。  自己紹介