仕事で使うコミュニケーションツールの7選

こんにちは、よっくんです。

今回は仕事で使うコミュニケーションツールについて7つ選んでみました。

skype、HipChat、gitter、slack、ハングアウト、ChatWork、サイボウズLive。

皆さんもどれか1つは使ったことがあるんじゃないでしょうか?

skype

skypeと聞くと電話機能と最初に思い浮かぶ人がいると思いますが、電話機能だけでなくチャット機能もあります。

11のチャットもあるし、グループチャットもあります。

僕は会社の仕事で使った経験があって、主にグループチャットでコミニュケーションしていました。

同じ事務所内に居る人達と別事務所に居る人達全員で使っていました。

タイムラインは全員がメッセージするグループや、プロジェクトごとのタイムラインのグループなど多岐にわたるグループがありました。

多分、skypeのチャットが僕が初めて仕事でちゃんと使ったチャットだと思います。

HipChat

Atlassianという海外の会社が作ったチャットで、bitbucketというgitを使えるサービスと連携することが出来るプログラミングしている人にはありがたいサービスです。

僕は会社の仕事でガッツリ使いました。gitの5プロジェクトまでは無料で使えるサービスだったと思います。

gitter

GitHubを作った会社がgitterというコミニュニケーションツールを作りました。

内容はHipChatとほとんど同じ感じでgithubgitterは連携することが出来ます。

slack

Slack Technologiesが作ったコミュニケーションツールでgitと連携ができます。 内容はgitterとほぼ同じな感じです。

ハングアウト

ハングアウトはテレビ電話機能を1回使っただけでチャット機能は使いませんでした。

会社で使っている人に聞いてみると、グーグルカレンダーと連携できて非常に便利だということです。

gitとの連携は無さそうなのでライバルは電話機能があるskypeでしょうか。

chatwork

chatworkは1度だけ使いましたが継続しては使いませんでした。

サイボウズLive

サイボウズLiveは使ったことありませんが、同じカテゴリーなのでこの記事に書いておきました。

まとめ

使ったことがあるのはskypeHipChatgitterslackです。

仕事の中心にいる人の趣味でどのサービスを使うのかが違ってくると思います。

これらのツールは改行のしやすさが使いやすさのポイントだと思います。改行をしようとしてエンターキーだけを押してしまったらメッセージが送信されてしまったという経験は誰でもあるんではないでしょうか。

Bonus

HipChatgitterSlackが共通してgitと連携出来てプログラマの中ではライバル同士だと思います。

次にハングアウトとskypeがビジネス系の人達が使う中ではライバル同士という感じだと思います。

投稿者:

yokkunn0530

1981年5月30日生まれ、愛媛県松山市在住のブロガーよっくん。東京に4年間住んでいました。iMacとMacBookProとiPad miniとiPhoneを使っています。ゲーム制作とブログ執筆をしています。  自己紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です