弓削商船、プログラミングコンテストを優勝しまくっている高専

こんにちは、よっくんです。

今回は愛媛県越智郡上島町弓削について書いていきます。

僕が小学2年生になった時に愛媛県松山市から弓削に引っ越しました。

この弓削というのは島で、愛媛県と広島県の県境にある島です。

410日月曜日にNHKの「家族に乾杯」という番組でこの上島町弓削について放送していました。

http://www4.nhk.or.jp/kanpai/x/2017-04-10/21/14849/1847535/

小学生の頃に1年半の間、弓削にお世話になったのでブログの記事に書いてみようと思いました。

小学2年生の頃

弓削では小学校の校内は全員裸足で生活しないといけませんでした。そして冬でも短パンという規則だったと思います。そして水泳は校舎のすぐ横にある海で泳ぐという授業でした。そんな「たくましい子」の育成を目指している小学校でした。

友達と遊ぶときは海岸に行って、適当な貝を見つけて、誰の見つけた貝が1番硬いか貝と貝をぶつけて割れなかった方が勝ちという「貝割り」という遊びをしていました。

そんな弓削での生活は1年半の期間で終了して愛媛県松山市に再び引っ越して帰ることになりました。

弓削商船

弓削には小学2年生以来、2013年に28年ぶりに訪れたことがあります。それは弓削商船高等専門学校という16歳から20歳まで5年間通う学校があって、その弓削商船に講演しに行きました。

なぜ講演しに行ったかというと、僕は「日本Androidの会」というスマホのAndroidの事について活動している人と関係があって、Androidの会の四国支部長の人から講演の依頼があって弓削に行く事になりました。

なぜ弓削に行く事を承諾したかというと僕が小学2年生の時に弓削に住んでいたという理由と、僕が高等専門学校の卒業生という理由です。高等専門学校の卒業生といっても新居浜工業高等専門学校の卒業生です。いわゆる高専生だったという理由です。弓削商船高等専門学校も高専です。

以上の2つの縁があったので、弓削の高専に講演に行く事にしました。

僕の講演内容はスマホでfacebookをしようという事と、メモ帳は大事だよという事について話しました。

講演が終わった後、弓削の高専生と交流する時間があって、情報工学科の学生と先生が普段何をしているかという事などの話をしました。そこで凄いと思ったのは、情報工学科の全員がMacBookを使っていたという事でした。これは情報工学科の担当の先生の功績だと思います。そして「全国高等専門学校プログラミングコンテスト」という大会が毎年あるのですが、最優秀賞を過去10回獲得している実績があります。これは全国の高専で1位の成績です。

弓削商船高等専門学校の情報工学科 http://www.yuge.ac.jp/subject/info

もし自分に子供がいれば弓削商船に入学させたいと思いました。

まとめ

今回は弓削について書きましたが、周りを海で囲まれた小さい島に高専があるという事を知って欲しくて今回の記事を書きました。

このIT時代にプログラミングコンテストを優勝しまくっている弓削商船高専について皆さんも調べてみてください。

http://www.yuge.ac.jp/

Bonus

弓削島制作舎 http://9re8.xyz/ というWeb制作会社が弓削に唯一のIT関連会社として2016年からあるようです。ちょっと気になります。

以上でした、ご読了ありがとうございました。

投稿者:

yokkunn0530

1981年5月30日生まれ、愛媛県松山市在住のブロガーよっくん。東京に4年間住んでいました。iMacとMacBookProとiPad miniとiPhoneを使っています。ゲーム制作とブログ執筆をしています。  自己紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です